諸元・特徴

EISCAT_3Dの諸元

方式 マルチスタティック / アクティブフェーズドアレイ
送信機 コア局(Skibotn)に9919個の固体電力増幅器(各500W)
アンテナ コア局と4つの受信局に各9919本の改良型V字ダイポールアンテナ(直径約80m)
コア局のみ干渉計用の追加サブアレイ10群
尖頭電力 5MW(第一段階)、10MW(第二段階)
距離分解能 鉛直約113m、水平約50m(最小)
Duty比 最大25%
AD変換 104MHzサンプリング、16ビット
偏波 水平・垂直の各偏波を独立に受信可能
天頂角 0°~ 60°

E3Dビームのイメージ図.png

高速なビーム走査により、送信ビーム(赤)に各受信局の受信ビーム(緑)が追随
125ミリ秒で全天の走査が可能

現行のEISCATレーダーとEISCAT_3Dレーダーとの比較

EISCATレーダー(KST)
EISCAT_3Dレーダー
システム パラボラアンテナ型レーダー
(→1方向の線観測のみ)
アクティブフェーズドアレイ方式
(→3次元の立体観測が可能)
中心
周波数
933 MHz(波長:約0.3m) 233 MHz(波長:約1.3m)
(→対流圏・下部成層圏・従来より高い高度の観測が可能)
アンテナ コア(送受信)局に32mパラボラアンテナ1つ、2カ所の受信局に32mパラボラアンテナ1つずつ コア局:約1万本の直交八木アンテナ。
4カ所の受信局:約1万本の直交八木アンテナ
(コア局から約110㎞と250㎞の距離に配置)
観測方向 機械的に移動(2度/秒) 電気的に移動(瞬時
送受信機 送信ピーク電力 1.5 MW、
デューティ比12.5%、
高度100 kmで約1 kmの分解能
送信ピーク電力 10MW
デューティ比0-25%で可変、
高度100 kmで最高50 mの空間分解能(干渉法)
データ量 10-40Mビット/秒のデータ記録、
100TBクラスの記録装置
54Gビット/秒(生データは計1.6Tビット/秒)、
20PBの記録装置を用意
学術分野 太陽地球系科学、電波科学 太陽地球系科学、電波科学に加え、情報学、統計数理科学、宇宙物理学、プラズマ物理学、気象学

EISCAT_Spec_Comparison


物理量の導出手順

ISR_Parameter_1


© 2017 EISCAT 国内推進室