特別実験

2014年度

15件の特別実験が申請及び採択された。

  1. 実験番号01
    ICI-4キャンペーン中のEISCATレーダーと観測ロケットによるカスプイレギュラリティの同時観測
    (研究代表者:阿部琢美)
  2. 実験番号02
    EISCAT観測・GCMシミュレーションによる極域熱圏・電離圏変動の研究
    (研究代表者:藤原 均)
  3. 実験番号03
    ePOP 衛星-EISCAT 共同観測による極域大気流出現象の解明
    (研究代表者:早川 基)
  4. 実験番号04
    極冠パッチの鉛直運動の観測
    (研究代表者:細川敬祐)
  5. 実験番号05
    EISCAT - KAIRA による多ビーム観測手法開発
    (研究代表者:小川泰信)
  6. 実験番号06
    一般化オーロラトモグラフィによるオーロラ3 次元構造の再構成
    (研究代表者:田中良昌)
  7. 実験番号07
    電離圏加熱装置とCUTLASS HFレーダーによる高時間・空間分解能観測
    (研究代表者:行松 彰)
  8. 実験番号08
    ライダーシステムを活用した人工オーロラ観測手法の検討
    (研究代表者:川原琢也)
  9. 実験番号09
    サブストーム開始前後での熱圏応答
    (研究代表者:塩川和夫)
  10. 実験番号10
    北極域下部熱圏・中間圏における大気潮汐波・プラネタリー波の解明
    (研究代表者:野澤悟徳)
  11. 実験番号11
    ナトリウムライダーとEISCAT同時観測による極域下部熱圏大気温度変動の研究
    (研究代表者:野澤悟徳)
  12. 実験番号12
    脈動オーロラ時の電離圏電子密度変動の広高度域観測
    (研究代表者:三好由純)
  13. 実験番号13
    プラズマ高速流の緯度構造
    (研究代表者:家田章正)
  14. 実験番号14
    脈動オーロラ発生時の熱圏・中間圏風速変動
    (研究代表者:大山伸一郎)
  15. 実験番号15
    カスプオーロラのプラズマパラメタの3次元イメージング
    (研究代表者:田口 聡)

© 2017 EISCAT 国内推進室