特別実験

2019年度

11件の特別実験及び3件の解析研究が申請及び採択された。その内8件の特別実験を実施した。

  1. 実験番号01
    EISCATレーダー-地上光学-あらせ衛星による脈動オーロラと磁気赤道面プラズマ波動の同時観測
  2. 実験番号02
    多点・多波長単色イメージャとEISCATレーダーを用いたオーロラ降下電子エネルギーの時空間変動の観測
    (研究代表者:田中良昌)
  3. 実験番号03
    太陽活動極小期における昼側極冠域電離圏変動の研究
    (研究代表者:藤原 均)
  4. 実験番号04
    脈動オーロラと極域冬季中間エコーの同時観測
    (研究代表者:細川敬祐)
  5. 実験番号05
    太陽風変動に対する地球電磁気圏物質輸送の応答
    (研究代表者:関華奈子)
  6. 実験番号06
    電離圏カスプ領域に存在する微小スケールの電場ゆらぎによる加熱に関する研究
    (研究代表者:阿部琢美)
  7. 実験番号07
    カスプ流出イオンの加速及び加熱機構の解明:SS-520-3号機キャンペーン
    (研究代表者:齋藤義文)
  8. 実験番号08
    ナトリウムライダーとEISCAT VHFレーダー同時観測による極域下部熱圏・上部中間圏鉛直風の研究
  9. 実験番号09
    あらせ衛星との協調観測によるコーラス波動に伴う放射線帯電子降り込み観測
    (研究代表者:三好由純)
  10. 実験番号10
    カスプに短時間現れる太陽方向プラズマ流
    (研究代表者:田口聡)
  11. 実験番号11
    特定の破砕事象に基づくスペースデブリ同定と環境モデル検証を目的とする観測
    (研究代表者:藤田浩輝)
  12. 解析番号12
    単色全天光学機器による脈動オーロラ降下電子特性エネルギー推定手法の確立
    (研究代表者:小川泰信)
  13. 解析番号13
    EISCAT 観測とモデル計算による高緯度Es 層の調査
    (研究代表者:津田卓雄)
  14. 解析番号14
    オーロラに伴う熱圏加熱の観測実証実験
    (研究代表者:大山伸一郎)

© 2017 EISCAT 国内推進室